2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014年09月27日(土)

アンと花子 赤毛のアンの中のそれぞれの自分

て!!!

にじいろも今日で聞き納めか・・・


あん




赤毛のアンの出版記念での花子の最高のメッセージ
泣き泣きなき・・

ほ・・本日はこんなに大勢の皆様に赤毛のアンの出版を祝っていただき
こんなにしあわせなことはありません
わたしは本の力を信じています
1冊の本が心の支えとなって自分を絶えず励まし
勇気づけてくれるのです
わたしにとってアン・オブ・グリン・ゲーブルズはその1冊でした
主人公を取り巻いている世界は
私が秀和女学校の寄宿舎で過ごした日々とあまりにも似ていました
厳しいけれど深い愛情を持つマリアはまるで校長のブラックバーン先生のようでした
腹心の友ダイアナ
私が寄宿舎で出会った2人の大切な親友です
彼女たちは生涯を通じて私の腹心の友となってくれました
この本との出会いは運命のように思いました
13年前私はミススコットと約束しました
平和が訪れた時必ずこの本を翻訳して日本の多くの人に読んでもらいますと・・

あんこここ

あんこ3


けれど・・・

日本は大きな曲がり角を曲がり戦争は激しくなる一方でした
どんなに不安で暗い夜でも必ず明けて朝がやってきます
そして
曲がり角の先にはきっと1番いいものが待っている
それは物語の中でアンが教えてくれたことでした

私の今までの人生を振り返っても
いくつもの曲がり角をまがってきました

関東大震災
愛する息子の死
戦争
思いがけないところで曲がり角を曲がり
未透視のきかない
細い道を歩くことになったとしても
そこにも
優しい心
幸福
友情などの美しい花が咲いていると今は強く信じています

アンのように勇気を出して歩いていけば
曲がり角の先にはきっときっと美しい景色がまっています
日本中にアンの腹心の友ができますように^^



あんm




ある気持ちのよい8月午後のこと
プリンスエドワード島の1軒の農家の玄関先
赤いサガーの踏み段の上に背の高いほっそりとした少女がすわっていた





アンの心は遥かかなたの素晴らしい世界へ飛び去っていた





あんんn




思わず涙した最終話
もう1度子供のころに帰って
赤毛のアン読み直すことにしましょ^^


最終話の隠れた主役↓
キュンキュンしたこの1場面↓




【続きです】

かおるこ

勅使河原かをるこことハリセンボンの春菜!!
ひっさぶりぃ~~!
そして赤毛のアンの中のこの一節!!


自分が美人なのが1番素敵だけれど それはわたしにはダメだから
その次に素敵なことは美人の腹心友をもつことだわ~微笑みwww





押して1番嫌いだったのに1番ひかれたこの男ww

でんこ

でん



最近朝ドラごちそうさんに続きいい作品多し!!


月曜日からの「マッサン」に期待^^
みなさまの応援が私の元気♪クリックよろしくお願いします^^
人気ブログランキング にほんブログ村 テレビブログへ

タグ : 主題歌 あらすじ 最終回

10:54  |  いちおし  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
外貨MMF